高専ロボコン2020の開催について

2020年度の高専ロボコンの地区大会が、10月18日(日)東北地区を皮切りに始まりました。
全国57校(62キャンパス)の高専は11月29日(日)に開催される全国大会への切符をかけてしのぎを削ります。

新型コロナウイルスに対してさまざまな分野でさまざまな工夫がなされている中、高専ロボコンでは史上初の試みとして、地区大会、全国大会とも「完全オンライン」で行われます。

2020年度のテーマは、「テーマ設定も含めた『アイデア対決』」。
課題が示されるのが例年の高専ロボコンですが、今年は地域・学校によってロボットを作る環境、披露する環境に大きな差があることから、このようなテーマとなりました。

どんなアイデアが飛び出すか今から楽しみです。

東京高専チームは全国8地区の地区大会を締めくくる11月8日(日)に登場します。今年は会場へ出向いての間近での応援はできませんが、パソコンの前で熱い声援を送りましょう!

〇関東甲信越地区大会

日時:11月8日(土)14:00~
特設バーチャル会場へのアクセス方法は、高専ロボコン公式ページをご覧ください。

高専ロボコン
高専ロボコンは、全国の高専学生が、毎年異なる競技課題に対し、アイデアを駆使してロボットを製作し、競技を通じてその成果を競います。2016年で29年目を迎えます。